ブログ

<PR>

水素水の効果と使い方

水素水の正しい使い方

水素水は、ただ飲むだけで美肌効果やアンチエイジング、健康増進などの効果があると言われてます。

水素水はお水と同じように飲むだけで、いろいろな効果が期待できると言われていますが、注意しなければいけないのは、お湯にして飲むことです。

水素水を白湯にして飲んだり、お茶を入れたりして飲むという方法はNGです。
しかし近年では熱い水素水を作る機器もあるようです。

正しい利用法で水素水を飲むことで効果がアップします。

水素水は熱に弱い

水素水を加熱して飲むと、水素水の中に含まれている水素が、酸素と結合して失われてしまうのです。
しかし、冬などは冷たい水素水を飲むのがつらくなるもの。

冷え性対策としても冷たいものより、温かいものを飲むことが大事です。

そのような場合は、お湯でも水素水の効果が失われない機器を利用するといいでしょう。

水素水の正しい利用方法

水素水は美容効果や健康効果がいろいろあると言われています。

正しい利用法で飲むことで、よりそういった効果を得られるでしょう。

水素水の正しい利用方法について紹介します。

水素水のさまざまな効果とは?

水素水にはさまざまな効果があると言われています。それは水素水には活性酸素を取り除く働きがあるからです。

活性酸素が体内に増えると、血液がドロドロになる、細胞が酸化して肌が衰える、免疫力が低下して病気にかかりやすくなる、アレルギーが出やすくなるなどさまざまトラブルが発生します。

美しさの衰えや、健康被害は活性酸素が元凶になっているケースが多いもの。

この活性酸素を取り除く働きがあるのですから、いろいろ美容・健康効果があるのもうなずけます。

水素水の効果的な飲み方

前述したように、水素水は増えすぎた活性酸素を取り除く働きがあるため、次のような時に飲むとより効果を発揮すると言われています。

  • 運動をする時
  • 紫外線を浴びた時
  • 喫煙や飲酒をした時
  • ストレスを感じた時
  • 睡眠不足の時

活性酸素が増える状況にある時に水素水を飲むことで、活性酸素を増やさずにすむのです。

お湯はNG?水素水の正しい利用方法

水素水の効果を高めるためには、正しい利用方法で飲むことが大切です。

一つは、水素は密封度
水素は空気に蒸発しやすいという性質があります。密閉された容器に入れておきましょう。
水素がたくさん含まれているものでも、密封度の低い容器では、水素が抜けてしまうのです。

さらに、飲み残しをすると、水素が抜けてしまうので1回で飲みきるようにしましょう。

また、水素は加熱すると失われてしまうという性質があります。
そのためお湯にして飲むと、効果が期待できないとされていますので、常温で飲むようにするといいでしょう。

お湯でも飲める水素水がある?

お湯で飲むと水素が消えてしまい効果がなくなると言われていた水素水ですが、近年では熱いお湯にしても効果がそのまま得られるという機器も出ています。

他にもクリニックなどで水素注射や点滴などを行っています。

クリニックなどでは、水素を使った治療を行っているところもあります。
水素を効率的にしっかりと吸収したいという場合は、そういった専門知識のある場所に行って吸収するのもいいでしょう。

水素水に含まれる水素

さまざまな効果があると言われている水素水ですが、水素水の中にはどれくらいの水素は含まれているかというと、製品によってさまざまだとされています。

ただし、水に溶ける水素の量は限界があり、約1.6ppmと言われています。
これは水素水の中に0.000016%の水素が溶けているということです。

水素水は濃度の低いものを飲んでも効果が期待できないので、できるだけ濃度の高いものを選ぶようにしましょう。

濃度の高いものを選んでも、体に悪い影響はありません。体内に取り入れられなかった水素は、呼気やゲップなどで体外に排出されるので、過剰摂取の心配はしなくても大丈夫です。

水素は体内にストックできるものではないので、一度に大量に摂取するより、数回に分けて飲むようにするといいでしょう。

水素水の摂取における注意点

活性酸素を取り除く働きのある水素水は、美容はや健康にさまざまな効果があると言われています。
その効果を効率的に得るには、正しい利用方法で摂取することが必要です。

水素水は加熱すると水素が消えてしまうと言われていますので、お湯にしないで飲むようにしましょう。

また、空気に蒸発しやすいという性質があるので、密封度の高い容器に入っていることが大事です。
飲み残しをしても水素は消えてしまうため、1回で飲みきるようにしましょう。

特にストレスを感じた時や運動をする時、紫外線を浴びた時などに飲むと活性酸素を増やさずにすむと言われています。

<PR>
Copyright © 2019 資格 過去問 攻略ガイド All Rights Reserved.

PAGETOP